レギュラーとハイオクって何が違うのでしょう?

レギュラーガソリンとハイオクガソリンハイオクは、レギュラーよりも高いオクタン価を持つガソリンの事で、日本工業規格(JIS)ではオクタン価が96以上のガソリンを、ハイオクとしています。
また逆にオクタン価が96未満のガソリンはレギュラーとなり、その数値はメーカーにより多少異なりますが大抵90位です。

オクタン価とは、エンジンがノッキングという症状の起こしにくさを示しており、燃費やパワーなどを示す数値ではありません。
しかしハイオクとレギュラーでは、その性質上最適な圧縮比や点火時期が異なる為、適正に合うように調整をされたエンジンでは、燃費やパワーが向上することもあります。
これによって、ハイオク仕様のエンジンとレギュラー仕様のエンジンに分けられます。

ですから、メーカーがハイオクを指定している車種にレギュラーガソリンを入れると、燃費が悪化したりトルクが落ちたりすることも考えられますし、レギュラー指定の車種にハイオクを入れても、レギュラーを入れた場合と殆ど差を感じることが出来ない場合が殆どです。
レギュラーとハイオクの価格差は、1Lあたり約10円程度ですが、上記のどちらの場合も燃費でその価格差を埋めるのは難しいと思われますので、普通にノーマルのエンジンで車に乗る場合は、メーカー指定のガソリンを給油した方が良いと思います。

ハイオクに含まれる洗浄剤について

最近のハイオクには、エンジンをきれいにする洗浄剤が含まれているので、車を大切に乗る人はハイオクが良いのではないか?という質問をされる事があります。
確かに洗浄剤が含まれているハイオクも多く発売されていますので、エンジン内の汚れが非常に気になる人は、レギュラー仕様のエンジンにハイオクを給油しても良いかもしれません。
しかしハイオクに含まれる洗浄剤は、既に付着した汚れをきれいにする効果はあまり期待できませんので、その効果を期待するのであれば、新車時から入れ続けなければならないと思われます。

ただレギュラー仕様の車で、レギュラーを長年使用した事が原因で壊れたと言う事は、聞いた事がありませんので、あまり気にしなくても良いと思いますが・・・。
仮に燃費が10Km/Lの車に、新車時から10万キロまでハイオクを入れ続けると、レギュラーとの差額が1リットル10円の場合で、10万円多く出費する事となります。
燃費が15Km/Lの車なら、約6万6700円の違いになります。
新車時に、何かのオプションをもう1つ加えられそうな金額ですね。