カタログから見る燃費

燃費の比較車の燃費を比較する場合、メーカーが公開している諸元表を参考にするのが一般的です。
また、それ以外の口コミ等による実燃費を知るには、よほどメジャーかつ燃費について話題になるような車種でなければ、正確な数値を知るのは難しいと思います。

では、諸元表に書かれている燃費は、どの様に計測されているか皆さんはご存知ですか?
燃費に興味のある人は「10・15モード」や「JC08モード」という燃費測定方法を、一度は聞いた事があるかもしれません。
これは法令で定められた燃費の測定方法で、国内で販売される全ての車種が、同一条件の下で燃費を測定して、メーカーや車種に関係なく燃費を比較できるようにする為です。

「10・15モード」と「JC08モード」の違い

10・15モードは実走行のデータではなく、シャーシダイナモという機械に車を載せて測定されます。
ですから実際に道路で運転する時の燃費とは、多少ずれることがあります。
(一般的に市街地での実走行では、カタログデータよりも燃費が悪くなります。)
しかし、10・15モードで統一される以前の定置走行による燃費測定よりも、かなり実走行の燃費に近い数値が測定されていました。

次にJC08モードとは、今より正確な燃費データを得る為に10・15モードを廃止し、2011年4月から採用される新燃費基準の事です。
これにより、より実燃費に近いデータを測定できる為、燃費を気にする消費者にとっては嬉しい改善となります。
JC08モードへの完全移行までの間、10・15モードとの併用などの対応が取られる事となります。
また移行の時期は、既に発売中の車や輸入車、新しく発売される車などで多少異なります。
ですから、車の燃費を比較する場合は、同じモードでのデータを利用する必要があります。